20年ぶりに戻ってきた価値観

【20年ぶりに「戻ってきた」価値観】

​私にとって大切な友人であり、最強なコーチでもあるみきさんに、年初に作った価値観とビジョンの見つめ直しをテーマに、今日お話を聞いてもらいました。
特に最近強く思うのが、自分が「クリエイター」だということ。ここ数日で目まぐるしくアタマの中が変化しているのですが、そう思うようになったきっかけがどの出来事だったか、だんだん見えてきました。

​ところで、大学からの友人はよく知っていますが、ワタシは大学で作曲を専攻していたので「ワタシはプレイヤー(演奏家)ではなくクリエイター(作曲家)」という意識が当時から強かったように思います。

​学生の頃から「物事を多角度から見る」がポリシーで、好きなものは「意外性とギャップ」、キライなものは「先入観と固定概念」(笑)。
​「どこにもないもの」を作ることにこだわり、「既存の価値観」を壊すのが得意(笑)。

だから「すでにあるもの」であっても、自分で編曲することで「まったく別のもの」にすることが好きでした。

​そんなわけで、今日自分がお話ししていた中にも、たびたび「ないものを作る」とか「台本を作る」とかが出てきていたようです。

大学入って初めて書いたヴァイオリンとピアノソロ作品

終わってからの雑談で「いっそ作曲してみたら?」と提案され (笑)。
「曲ってどうやって作るの?」という話になり「下りてくるのを待つ」(笑)。
「下りてこない時は?」
「追い込む(笑)」

大学時代、ワタシのキャッチフレーズに「くさる寸前のバナナのように、たなかきょうこ、いい味出しています」というものがあり(笑)、自分を追い込むと生まれるものがあります。(この話をすると、必ずMだと言われる(笑))

​みきさんに「自分を追い込んだら、いいもの出てこない?」と言ったけど「その発想はユニーク!」ということで、全く賛同が得られませんでした(笑)。(自分が「珍獣」と呼ばれていた所以を思い出した…)

10年前のアカペラ委託作品。CDになった完成品を送っていただきました!

そんなわけで、久々に手元にあった自分の自筆譜を開いてみることに。(クラシックの作曲は、基本、まず楽譜に起こしてから演奏されます)

​最後に作品を書いたのは、友人の合唱団のコンサート用に委託された編曲。でももう10年も前のこと。

それと同時に、大学入ってすぐの、余興みたいなアホなものも出てきた!(当時学内コンサートでコレを歌わされた犠牲者(笑)が、25年ぶりに会ったのに、すぐ話してくれたよね!)

メチャクチャ遊びで書いた曲。みんなマジメに演奏してくれたのが嬉しかった(笑)

​当時は Windows95が出たばかりで、楽譜はすべて手書き。
学校に提出する作品は、縦の音符やラインは揃え、直線は全て定規を使って書くことになっていて、音符の横線は太く、縦線は細く、と細部にこだわって書いていました。
​学部の卒業作品として「竹取物語」をテーマに、15分ほどのオーケストラ作品を書いたけど、自分でオケメンバー集めて指揮して、楽しかったなぁ…

​ちなみに、もう絶版になっちゃったけど、2つだけ世に出た作品があります。中学生向けの合唱曲で、コンサートで演奏していただいたこともあり、かつてはお小遣い程度に印税をいただいたことも(笑)。

ワタクシ、JASRACに登録されております(笑)

​自分はもう曲を書こうなんて思うことはないと思っていたけど、意外なことを思い出した日でした!

はたして、近日中に、新しい作品ができるかは…

ブログ最新記事やイベントのお知らせなど
メルマガの購読はこちらからお願いします!

メルマガ 読者登録フォーム






 

「子どもの自主性と親の自己肯定感」を育てる親子1on1の専門家 田中響子

「子どもの自主性と親の自己肯定感」を育てる親子1on1の専門家 田中響子

詳しいプロフィールはこちら ↑

物ゴコロついた時から、人生ほとんど反抗期!(笑)
外ヅラがいいので一見常識人に見えるため、有名女子中高や官公庁で使ってもらったカコを持つが、
本当は学生時代に「たなかきょーこって珍獣だよね(笑)」と言われ、プライベートでは「180度別人」並みのヘンジンぶりを発揮!
でも、その「変人エキス」こそが、子どもの心を理解する必須アイテム♪
その本性がたっぷり出た日々のツブヤキを、ブログで楽しんでいただけたらうれしいです❤︎
ぜひ読んでやってください!

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問合せ