海外で生活をしながら、社会との繋がりを作るということ

【「海外で生活をしながら、社会との繋がりを作る」ということ】

現在、起業ナカマでもある友人がやってきて、ルクセンブルク合宿中。

“100日チャレンジ” 含めて、通常のペースで仕事をしつつ、
改めて考えていること・感じていることをシェアして、
さらに、そこから自分を掘り下げられる、最高の毎日。

​ルクセンブルクワインを飲みながら(笑)。

もちろん、日々ハードなのは変わらないけど、
ちょうど自分の中で、整理されつつあった時期なので、

タイミングよく クリアになる感覚が増え、
つい数ヶ月前みたいに、心身共に落ち込んだり、ヘンに混乱したりしない。

半年前、必死に自分の進む道を考え直した時、
「いろんなことの先が見えない」「目に見えないことを相手にしている」と、

とにかく「見えないこと」に苦しんだ。

でも逆に、そこで「中途半端ではなく、“ちゃんと” 落ちた」という自信があるから、

​たとえその後、自分のやり方を、誰かに表面的に批判されたとしても、
相手にきちんと説明できる自信ができていた。

​そして、その時に教えてもらった「やり方」が今回は自分で活かせるから、
今はどうすればいいかわかって「一昨日より昨日、昨日より今日」って進んでいる。

だから、
今は何も怖いものはないし、
絶対に突破口はあると思っているし、

​ゼーーーッタイに、突破口を見つけてやる、

という気持ちがある。

  

「海外で日々生活をして、社会的な立場を築くこと」は、
本当に、本当に難しい。

​異国の地で、
母語も、自分が育ってきた母国の文化も通用せず、

​自分が日本で職歴として築いてきたものは、
国籍や言語が原因で活かすことができず、

​「ビジネスがうまくいかないから、とりあえず雇われよう」とか
「バイトと並行しながら進めればいい」という選択肢は存在せず、

かといって、
今のワタシには「日本に引き揚げる」という選択も許されず。

​今は、不本意なカタチで、
「日本にいたら到底理解できないし、受け入れられないような」在留国の法律によって、

自分の住む場所も、動ける範囲も、すべて制限されている。

​自分が思いもしなかったカタチで降ってきた今の環境に、
「よくそんな状況で生きてるよね」ってよく言われるし、
正直自分でもそう思う。

子どもの頃から多々苦しんで来たのに、
「一体いつまで苦しめば済むんだ」って、思うこともあるし、

​「なぜ、どうして、こうなる?」
「自分の何がいけなかったんだろう???」

って考えたことも、何度も何度もある。

​どっかで「ふざけんな」って思っていることもある。

住む国を変えてから15年を越え、
ある程度経った。

とはいえ、
「法律レベルでは勝手のわからない社会」に、
ひとりポイっと投げ出されて、精神的に不安定になっちゃうヒトは、

​自分を含めて、自分の周りにもたくさんいるし、
世界中数えきれないほどいる。

​でも、
腐っていたってしょうがないし、

​どうにかして、
自分で打破するしかない、
打破していかなきゃならない。

​どうにかして、
とりあえず今は生きていなきゃいけない。

「だから、自分の生きる道は自分で作るしかない」という状況。

自分が起業したのも、

「自己実現・自己探究」とか
「一旗揚げてやりたい」なんて気持ちではない。

​ただ、
「自分の生きる道は自分で作るしかない」というキモチだけ。

​​

“海外在住あるある” だと思うけど、
「自分の国だったら、もっとどうにかなっていたのに…」って思うことは、
ヤマほどあると思う。

​「自国民が自国で守られている」というアタリマエを、
毎日毎日貴重に感じられるのは、

​異国の地で、外国人として、
よそ者の生活をアタリマエのようにしているから。

最近、自分の原点に還ってみて、
改めて、「価値観」だけでなく「熱量」が似ている人に出会えていることは、

​苦しんで、もがき続けている自分を、
それでもちゃんと、
どこかで支えてもらっているんだな、と感じています。

​感謝。

ブログ最新記事やイベントのお知らせなど
メルマガの購読はこちらからお願いします!

メルマガ 読者登録フォーム






 

親子コミュニケーションの専門家 田中響子

親子コミュニケーションの専門家 田中響子

詳しいプロフィールはこちら ↑

物ゴコロついた時から、人生ほとんど反抗期!(笑)
外ヅラがいいので一見常識人に見えるため、有名女子中高や官公庁で使ってもらったカコを持つ。
でも本当は、学生時代に「たなかきょーこって珍獣だよね(笑)」と言われ、四柱推命で「あなたは宇宙人です」と言われたことを本領発揮!
そのおかげ?か、ありがたいことに結構子どもにモテるのが自慢♪
その本性がたっぷり出た日々のツブヤキを、ブログで楽しんでいただけたらうれしいです❤︎
ぜひ読んでやってください!

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問合せ