日本の、海の外に出る

【日本の「海の外」に出る】

「1週間でもいいから!ウチでよければ、いつでもいいから!
​ とにかく、一回日本を離れて、外に出なっ!」

当時日本でいろいろと悩んでいながら
「パリで生活したいの!」といってた友人に、
ラブコールしてから数ヶ月。

​いつかどこかで、ゼッタイに来るとは思っていたけど、
「ホントに、よく来たねー」と、
ルクセンブルクの自宅で、顔を見合わせて話しているフシギ。

​そこで日々話してて、

海外に出るイミ、
自分が海外に出ようと思ったイミを改めて思い返し、

当時の記憶を辿るきっかけになった。

30歳になる直前、
これからの自分の人生を考えた。

このまま定年退職まで、
あと30年この仕事をできるかと考えた時に、

​一旦、人生の転機を作ろうと、
あと1年で今の仕事を辞めようって決めた。

そして、仕事を辞めないとできないことをしよう、
でも今後の仕事に役立つことをしようと思って、

高校の頃から、どこかでずっと引っかかっていた
フランスへの留学を決意、

​でも、帰ってから仕事に繋がるように、
語学留学ではなく、音楽教育を比較研究するため、大学院に留学、

​遅くとも4年後には日本に帰ってきて再就職しよう、と決めた。

​当時、安定して、それなりの収入を得られる仕事を辞めることに、
周囲の猛烈な反対にあうことはわかっていたし、

​海外に出ることに対しても、
いいカオされないこともわかっていた。

​だから、全て自分で決めて、
年度始まって早々に職場に退職を伝え、戻る道を絶った上で、

​「来年3月で仕事辞めて、9月からフランスに留学するから」
と、最後に家族に伝えた確信犯(笑)。

でも、それがあるからこそ、
確実に、いろんな意味で人生が変わった。

​当初4年で帰るはずが、
15年経ってもまだ海外にいることになっているのは、

「留学しようと決めた」瞬間があって、​

そこからの出会いが、
環境を動かし、自分を動かし、人生を動かしたから。

​「フランスに留学する」と決めてから、

週末だけ通っていたフランス語の講座を平日にも増やし、
仕事の合間を縫って、通信講座も加え、

フランス語の会話力をブラッシュアップするために、
フランス人の友人を増やして、東京観光ガイドを始め、

留学先を決めるために、夏休みに
フランス国内4つの大学(パリ・南仏モンペリエ・リヨン・ストラスブール)を
飛行機と電車で回って下見しに行き、

その後フランスで教育を比較する時、日本の教育を忘れないように、
学校での仕事にも没頭した。

​それが、よかったか、悪かったか、なんて、

「ずっとそのまま職場にいた」という
もう一つの選択肢を体験していないので、

わかんない。

でも、間違いなく、今の価値観につながっている。

​最近SNSを通じて、20代の若者(笑)から、
ワタシに連絡が来るようになった。

​そもそもルクセンブルクに住む日本人の数が少なく、
その上で、積極的に発信している人は少ないので、

​「ルクセンブルクについて教えてください!」と連絡が来る。

ルクセンブルクの情報はもちろん、

「日々の生活はこんな感じだよー!」
「日本にいる時と違うことはこうだよー!」

って話す。

と同時に、いざ住むとなったら、

滞在許可・労働許可の必要性と取得のハードル、​

日本大使館職員として勤めていた時に感じた、
海外で日本人が住む難しさ、

​その他、
自分の立ち位置を異国で確立する課題や試練など、
​現実もお伝えするようにしている。

でも、最後に必ず伝えるのは、

「海外に出たい!という直感は、絶対に捨てないでほしいし、
そのエネルギーを忘れないでほしい。

​周りの反対にあったとしても、
「自分にとっては、それが間違っていない」という気持ちを、
どこかで感じていてほしい。

まずは1週間でもいいから、外に出てごらん」

ということ。

 

​「外に出よう」と決めてから変わるし、
日本を出て、変わるし、
海外に着いて、変わるし、

​海外で生活している間に、
また変わる。

​そして、
日本に帰った瞬間、変わるし、

最後に、
日本に帰って数日後に、また変わる。

​そこに「どうして?」なんて、ない。

アンテナさえ張っていれば、
いくらだって勝手に変わるんだよ。

​要は「自分が変わっていくこと」を、
心底楽しめるかどうか。

友人がウチに来てまもなく、
改めて、
「どうしてルクセンブルクに来ようと思ったの?」

って聞いたら、

​「アナタに会いに、よ」
って言ってくれてたのに、

パリに戻った翌日には、
ワタシに、じゃなくて

“親友になったワタシの10歳の娘(笑)” に「会いたい」
とメッセージが来たさ。

​ま、ニンゲン、そんなもんよね〜(笑)。

​同じく親友が去って、昨日の夜、涙ぐんでいた娘たちを連れて、
彼女が滞在しているうちに、パリに行こう。

 

ブログ最新記事やイベントのお知らせなど
メルマガの購読はこちらからお願いします!

メルマガ 読者登録フォーム






 

「たった15分の親子1on1で子どもが自分で人生を切り拓けるように!」田中響子

「たった15分の親子1on1で子どもが自分で人生を切り拓けるように!」田中響子

詳しいプロフィールはこちら ↑

物ゴコロついた時から、人生ほとんど反抗期!(笑)
外ヅラがいいので一見常識人に見えるため、有名女子中高や官公庁で使ってもらったカコを持つ。
でも本当は、学生時代に「たなかきょーこって珍獣だよね(笑)」と言われ、プライベートでは「180度別人」並みのヘンジンぶりを発揮!
そのおかげか、ありがたいことに結構子どもにモテるのが自慢♪
その本性がたっぷり出た日々のツブヤキを、ブログで楽しんでいただけたらうれしいです❤︎
ぜひ読んでやってください!

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問合せ