書くワークショップ 2022年7月

「書く」ワークショップ(受講生限定ワークショップ体験版)

ひらがなを書くことについて、どのように進めていったらいいんだろう?」

これまでも、個別相談や保護者会で「書く」ことについてお悩みの声をいただくことがありました。
そこで、本年
秋頃に公開で「書く」ワークショップの実施を予定しています。

それに先立ち、今回は「スーパースピーチキッズ育成準備講座」を受講してくれている受講生のみなさん限定で、体験版を実施しました!

「書く」ことは、やっぱり専門の先生にお願いしたい!
ということで、講師として、書道師範の入(いり)先生をお迎えしました。

先生は、これまで日本で様々な年齢の方に書道を教えてこられました。

現在は、ルクセンブルクはもちろん、世界中から受講可能、「オンラインでも、その場ですぐ添削!」の独自プログラムを実施していらっしゃいます。

私は、子供たちの継承日本語学習の順番として、

まず「話す・聞く」

その土台を生かして「書く・読む」

 

が大切だと考えています。

そこで、入先生にもこの趣旨に共感していただき、直前に行った「日本の行事・オプション講座(たなばた)」を踏まえて、たなばたに関係するひらがなを扱っていただきました。

実施前、入先生に、お習字・ペン習字の良さをお聞きしました!

「お手本を見ながらバランスを意識して書くことは、ひらがなを書くことを学ぶだけでなく、集中力や空間把握能力を養うことができます

今回、初めてひらがなを書く幼児の方は、文字をなぞってみる、その言葉のイメージを塗り絵で覚える、

一通りひらがなをマスターされた方は、よりバランスの取れた文字を書くことを意識する、

という形で、年齢によって目標設定を変えました。

 

書く前に、先生から筆と筆ペンを見せていただきました。

そして「正しい位置に線を書く大切さ」をニコちゃんマークを例に説明していただきました。
(下の再生ボタンを押してご覧ください)

「同じパーツで書かれていても、書く場所によって、できあがったものが、相手に伝わったり伝わらなかったりしますね」

 

では、いよいよひらがなを書いてみましょう!
今回の課題は「ささ」と「ほし」です。

まず、それぞれの文字のポイントを教えていただきます。

いただいた資料に、子供たちに自分で書いてもらいます。
できあがったら、保護者の方にお子様の書いた資料の写真を送っていただいて、その場で添削していただきました!

幼児の方は、お絵描きとは違い、書き順があることを教えていただいて、初めてでしたが、線の上から丁寧に字をなぞることができました。

小学生は、いつもはなんとなく書いているひらがなも、図で説明していただくとイメージしやすいようで、教えていただく前と後では、子供たちの文字に大きな変化が出ました!


やっている間は、一生懸命、紙に向かって、静けさが漂っていました…

あっという間の45分、終わってから、子供たちにお話を聞いたところ、

「おもしろかったー!!」

と元気な声を聞かせてくれました。

 

保護者の方からも

「初めての挑戦でしたが、興味を持っていたように感じました」

「花丸を大きく書いていただけて、子供たちがすごく嬉しかったようです」

というお声をいただきました。

「スーパーグローバルキッズアカデミー」は「話す」を徹底的に行っている講座ですが
「子供が『書くこと』にも興味があるのかな?」と気になっていた保護者の方たちから、
「このような形で気軽に体験できる場がいただけて、とてもよかったです!」
と、大好評でした!

 

親も子も「気になるなら、とりあえずやってみよう!」

今後も、いろいろな方向から【きっかけ】をどんどん提供するアカデミーにしていきたいと思っています。

参加してくれたみなさん、お写真送付などお手伝いいただいた保護者の方、ありがとうございました!

また、入先生にも、今回の機会を楽しんでいただけたようで、一緒に時間を共有することができて、とてもうれしかったです。
貴重な機会、ありがとうございました!
先生のIGはこちら↓
オンライン習字教室ー入ー instagram

秋に実施する時には、公開ワークショップとして、参加者の方を募集したいと思っています

次回のワークショップは、IG、FBでお知らせ、本HPで詳細をご案内いたします。
IGやFBでフォローしていただけますと、お知らせを受け取りやすくなりますので、下からフォローしていただけますと幸いです

IGはこちらから!

FBはこちらから!

================

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ最新記事やイベントのお知らせなど
メルマガの購読はこちらからお願いします!

メルマガ 読者登録フォーム






 

親子コミュニケーションの専門家 田中響子

親子コミュニケーションの専門家 田中響子

詳しいプロフィールはこちら ↑

物ゴコロついた時から、人生ほとんど反抗期!(笑)
外ヅラがいいので一見常識人に見えるため、有名女子中高や官公庁で使ってもらったカコを持つ。
でも本当は、学生時代に「たなかきょーこって珍獣だよね(笑)」と言われ、四柱推命で「あなたは宇宙人です」と言われたことを本領発揮!
そのおかげ?か、ありがたいことに結構子どもにモテるのが自慢♪
その本性がたっぷり出た日々のツブヤキを、ブログで楽しんでいただけたらうれしいです❤︎
ぜひ読んでやってください!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問合せ