知らなかった!親が子供を褒める本当の目的とは?

あなたは「親が子供を褒めることは本当に必要?」「かえって子供を調子に乗せるだけじゃない?」と考えたことはありませんか?

しかも、親である自分が褒められて育っていないと、「褒められて育った子供」と「褒められないで育った子供」の違いが分からなくて、親として褒める必要性を感じられないかもしれませんね。

でも、私は横浜の私立中高で仕事をしていた時に深ーーく考えさせられたことなのですが、子供って大人が思っている以上に褒められたいし、「褒められること」は意味のあることなのです。

今回は、世間でよく言われる「褒めるといいこと!」とは、ちょっと別角度で「親が子供を褒める本当の意義」についてお伝えします。

学校教諭として経験したことも合わせて、お話ししていきたいと思いますので、ぜひ最後まで読んで参考にしていただけたらうれしいです!

(筆者のプロフィールなどについては、こちらをご覧ください)

 

 世間でよく言われる「褒める」必要性

まず「親が子供を褒める必要性」を調べて挙がることは、「子供が自信を持てるようになる」ということ。それによって、ポジティブ思考になるので、子供が物事を前向きに考えられるようになるという利点です。

また、自己肯定感が上がることで、挑戦することが怖くなくなり、「子供に挑戦する気持ちが芽生える」とも言われています。

確かに、褒めてもらったらうれしいし、自信になるから、子供がいろんなことに取り組めるようになる気もするな、と感じますね。

でも、もしかしたら親御さんの中には、自分自身は褒められないで育ったけれど、悔しさをバネにしたから成長できた、と言う方もいらっしゃるのかもしれません。

子供を褒めろっていうけれど、褒めないデメリットがよくわからない

私の小さい時もそうでしたが、かつて「親が子供を褒めるのは良くない」と言われた時代がありました。

そもそも親が褒められて育っていなければ、子供の褒め方がよくわからない、「褒める」ということがどういうことかよくわからない、というのも事実ですよね。

そんな親御さんたちは、ご自身を「褒める」ことも苦手だったり、もしかしたら「褒める」という言葉に、違和感や抵抗感があるのかな、と思いました。

では、子供自身は「褒める」ことについてどう思っているのか、私がかつて、中学2年の担任をしていた時の話をご紹介したいと思います。

 

◆ 子供は「褒めてくれる場所」を探している

私が勤務していた私立中高一貫校では、中学でも高校でも、中間試験、期末試験がありました。

当時、試験の答案を返却した後、すべての教科の平均点とその生徒個人の点数、そこから計算された学年総合順位(185人中〇〇人)が記載されている紙が配布されていました。下の方には、結果を踏まえた親のコメントを直筆で書く欄も。

私は、この順位表の紙を生徒たちに配る仕事が、一番嫌いでした。
なぜなら、そこに書かれた数字に一喜一憂して、自信をつけるより、自信を失くす生徒の方が多かったから。

試験結果は「事実ではある」けれど「事実でしかない」。でも、そこからわかる「本当に大切なこと」が見えなくなって、結果だけにコミットしてしまうのではないかという恐れを、毎回感じていたからです。

特に学年順位は、自分がどんなに頑張っても、周りも頑張れば上がらない。「基準が自分」ではないので「頑張った!」と思っても、実際に達成感を感じることは難しい。

配られた順位表を見て、中には泣き崩れたり、「家に帰れない」という生徒もいました。

私自身も「学歴至上主義の家庭」で育ったため、「成績がすべて、結果が出ないのは努力が足りないから」と親に言われていたので、試験結果で自分を見失ってしまう子供たちの気持ちが、痛いほどわかりました。

(ちなみに私は、大学に入って半年くらい経った時に「”学歴がすべて”と考えているヒトはホントにつまんない!」と思ってしまった出来事があり、それ以降学歴は「そのヒトの特徴の一部」以外のなんでもない、と思っています(笑))

そんなある日、順位表を配った後、私は46人の生徒に向かって、こんなことを言ってみました。

「試験結果を褒めて欲しい人は、あとで職員室に来てください!」

反抗期の子供たちだから「自分から褒めて欲しいなんて言うのは、恥ずかしい」と言って、職員室に誰も来ないかと思いきや。

「きょうこせんせー!褒めてくださーい!」

なんと、ちゃんと来てくれました!それも2人!
多分、仲良しの2人だったので、相談して一緒に来てくれたのかなと思いました。

「どこを褒めて欲しいの?」と聞くと。

「今回数学はすっごく勉強したから、点数が20点も上がったんです!」
「英単語を集中的にやったら、試験の時、思ったより長文読解がよくできましたー!」

「おー!すごいすごい!練習問題の復習を頑張ったから、そんなに点数上がったんだね!」
「英語の単語、たくさん覚えたから長文がよくわかったんだね!」

自分の頑張ったことと、その結果をきちんと自分で把握していて、ちゃんとそれを私に説明してくれました。

たったこれだけのやり取りでしたが、自分たちの努力が認められたことで、子供たちは満足げに帰っていきました。

子供たちは、褒めてくれる場所を探しています。もし親が褒めなくても、学校や習い事など、親以外の人を探しています。

でも、本当は親に褒められたい。もっと期待に応えたい。
「褒める」が一番親子の信頼関係を築きやすい場所なのに、その機会を活用しないのはもったいないなと思いました。

ちなみにその2人は、高校卒業までのその後4年間、私が担任することはなかったのですが、ウレシイことに高校3年の時にまた2人で遊びに来てくれました

なんと、5年前に私に褒めてもらったことをよく覚えていて「先生の大学の後輩になりたいんです!」と言ってくれました!

そして、教員養成大学入学を目指して猛勉強、2人とも頑張って無事私の大学の後輩に!
大学卒業後、小学校の先生になったと聞いています ^^

「教師コンプレックスだらけ」だった私にとって、こんなに教師冥利に尽きることはなく、中学2年の時に褒めてあげたことを、生徒たちが何倍にも返してくれたうれしい出来事でした。

それでは、この事実を踏まえて、親が子供を「褒める」本当の目的は何か、考察してみたいと思います。

 

褒める」その先へ

あえて正論に一石を投じるならば、世間でよく言われる「子供が自己肯定感を上げること」も「子供に挑戦する気持ちが芽生えること」も、「褒める」の副産物に過ぎないのかなと感じています。

じゃあ、何が本当の目的かと言われれば、私は「子供の今の状況を、親子の共通認識として把握するため」だと考えています。

どういうことかというと「子供が今できていること」を、親が「褒める」という形で子供に認識させることができ、それによって子供は「自分は課題をクリアした」と理解できます。

例えば、幼児で言えば「〇〇ちゃん、食器を片付けてくれてありがとう」と言われれば、子供は「自分がちゃんと食器を片付ける、という課題はできるようになったんだな」とわかりますよね。

そこから子供自身が「じゃあ、次は違うことをやってみよう!」というように、子供自身に「次の課題」を自分で見つけさせるためにも、今できたことを「褒めること」は有効な手段なのかなと思います。

さらに「親が子供を褒める」という行動を通して、子供が「褒められる」を経験し、最終的には「子供が自分自身を褒める=自分を認める」スキルをつけさせることが目的だと考えています。

自分自身を認めるスキルは、子供の自立には欠かせません。

そのために、ただ「上辺で褒める」のではなく「意味のある褒め方」をしたいですよね!
この記事の一番最後に「もっと自然に褒めるための必須スキル3選」のリンクをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

そして、「褒める」ことについて、改めてこの機会に見直してみてくださいね。

 

◆ まとめ

それでは、ここまでの内容をまとめてみましょう。

「親が子供を褒めることは必要なの?」と思ったときのポイントはこちら!

親が子供を褒める本当の目的とは?

世間でよく言われる「褒める」必要性
・子供が自信を持てるようになる
・挑戦する気持ちが芽生える

子供は「褒めてくれる場所」を探している
・親が褒めなくても、子供は褒める人を探す
・「褒める」は一番親子の信頼関係を築きやすい場所

「褒める」その先へ
子供の今の状況を、親子の共通認識として把握するため
・「子供が自分自身を褒める=自分を認める」スキルをつけさせるため

 

いかがでしたか?

「褒める」と言っても、意外に奥が深いことに、私自身も改めて気づきました。忙しいと目の前のことで精一杯になってしまいがちですが、子供の自立を促すために、改めて親として「子供を褒めること」を見直したいと思います。

もし「上辺だけでなく、意味のある褒め方をしたい!」と思われた方は、特に思春期の娘とお父さんについて意識して書きましたので、こちらの記事もぜひご覧ください。

わざとらしいと言わせない!父が娘をもっと自然に褒めるための必須スキル3選

========

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もし「親には悩みを話したくない!」という小学生の保護者の方は、ぜひ親子間コミュ力UP!相談会にご参加ください。

保護者からのお話を参考に、親子間コミュ力の課題を、一緒に見つけるお手伝いをさせていただきます!

下の画像をクリックしていただくと詳細が見られますので、お気軽にお問い合わせください。

親子の関係家族関係全体を良くして、やがては、世の中の人間関係すべてを変えると信じて活動しています。
少しでもお役に立てましたら幸いです。

ブログ最新記事やイベントのお知らせなど
メルマガの購読はこちらからお願いします!

メルマガ 読者登録フォーム






 

親子コミュニケーションの専門家 田中響子

親子コミュニケーションの専門家 田中響子

詳しいプロフィールはこちら ↑

物ゴコロついた時から、人生ほとんど反抗期!(笑)
外ヅラがいいので一見常識人に見えるため、有名女子中高や官公庁で使ってもらったカコを持つ。
でも本当は、学生時代に「たなかきょーこって珍獣だよね(笑)」と言われ、四柱推命で「あなたは宇宙人です」と言われたことを本領発揮!
そのおかげ?か、ありがたいことに結構子どもにモテるのが自慢♪
その本性がたっぷり出た日々のツブヤキを、ブログで楽しんでいただけたらうれしいです❤︎
ぜひ読んでやってください!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問合せ